TOP

ジェネリック医薬品とは、簡単に言うと特許が切れた医薬品と同一成分の医薬品の事。

つまり先発医薬品に対して、他製薬メーカーが発売する後発医薬品の事だ。

その際、後発医薬品は、先発医薬品に対して価格が低いので、医療費が低く抑えられるため、患者負担が先発医薬品より安くなるという事だ。

 

このジェネリック医薬品は、国の医療費抑制政策により、積極的な使用を奨励している。国は国立病院機構に対して、ジェネリック医薬品採用の数値目標を掲げたり、診療報酬で、病院や診療所が外来で、処方箋を発行するときに経済的なインセンティブを設けたりした。

これにより日本のジェネリック医薬品に利用度が向上してきたと言えよう。

しかしジェネリック医薬品の利用度が増したとはいえ、欧米との差はまだまだ大きい。

アメリカ、イギリス、ドイツなどでは、数量ベースのジェネリック医薬品の利用は、半数を超えているが、日本ではわずか数十パーセントである

 

欧米は、一般名で処方されているのに対して、日本では、商品名で処方されている為、日本での使用量が増えないとの見方もある。

 

ここまで日本でのジェネリック医薬品の普及が遅れているのは、ジェネリック医薬品を患者が選ぶ仕組みができていなかったことが大きな要因と言えよう。今後は処方箋様式の変更により患者が医薬品を選ぶ時代になろう。

その時には安いジェネリック医薬品を選ぶことになり、大きく発展していくだろう。

http://aljprog.org/

サブコンテンツ

このページの先頭へ